ホームページの更新について

ホームページの更新が大切、と言われても「…分かってはいるけど。。。」となる方が多いのではないでしょうか?

もし、あなたのホームページが以下に該当するなら、更新の重要性は低いと考えられます。

例えば、
「ホームページからの問合せが不要」だったり、「ホームページは会社概要やアクセスの確認でしか必要ない」というのであれば、更新はあまり必要ないでしょう。

ただ、上記の2つ以外であれば、やはり、ホームページの更新は必要なものになります。
ポイントは3つです。

1)更新している事で、訪問者に対してアクティブな印象を持ってもらえます。
元気の無い会社と、元気の溢れている会社。あなたならどちらに頼みますか?

2)更新している事で、スタッフにも情報を伝えられます。
お客様に向けてのスタンスや連絡事項など、スタッフの方との共有認識する場といしてもホームページは役に立ちます。

3) 更新している事で、検索順位の上昇に有利。
SEO対策の一環として、更新頻度は重要項目のひとつです。いくら数100万円等の費用をかけても、いくらページ数を数10ページ等構築して多くしても、その後、ホームページの更新がされてなければ、徐々に力は弱まります。

 

連絡さえもらえれば分かってもらえる、
問合せさえあれば説明できるから、

そうお考えの方も多いと思います。でも待ってください。その「問い合わせ」につなげる、または興味を持ってもらう為の行動を制限しているのです。

問合せする前の「判断材料」にホームページがなっている事を忘れないで頭の片隅に置いておいて考えてみてさい。

 

ホームページの更新のコツ

ここでひとつ、お役に立つ情報を。

ホームページの更新ですが、実は継続するにはコツがあるのです。 内容を聞けば、「あぁ、そんなことかぁ」と言われるかもしれません。

実際おこなえているのであれば「基礎的な事だ」と言われてもいいですが、なかなか更新を継続して行えている企業さんは少ないという現実があります。

ホームページの更新ですが実はそのコツは簡単で、

〔A〕 ストレスや負担にならないよう、出来るところから小さく始める

〔B〕 更新できる仕組みを構築し、ルーチンで回るようにする

上記の2つなのです。
最初の「小さなところから始める」ですが、これは題材や内容について、最初ほどちゃんと定義して、多くを求めないことです。 いきなり高い目標から始めても苦しいだけです。その進め方はオススメしません。
その後、順を追って階段を上るようにしていくのが良い運用だと考えています。

2つ目のルーチン化ですが、一人では苦しそうであれば持ち回りにして、スケジュールを決め、担当を分担をしておく事で実現します。

実際にこれらを行おうとすると、実例を伝えて、あなたの会社に即したカタチで進めていくことが必要です。具体的にどの様にしたらいいか、については、コチラからサポートのご相談 をしてみて下さい。

HP制作のプロが運用までしっかりアフターサポートします。
お話を聞いた後で判断して頂いても大丈夫です。

ご興味ある方はいまスグ、コチラからご連絡ください。